JSON

JSON勉強




『JSON構文チェッカー』http://jsonlint.com/



使い方

①JSONグローバル変数を用意する。

  JSON = (loadfile "JSON.lua")() -- one-time load of the routines


②デコードするだけ。
      local data = "12345"
   local lua_value = JSON:decode(data)



 ファイルからの場合。
  
   local fileData = loadFile("JSON-data.txt")
   local lua_value = JSON:decode(fileData)

数値データの書き方サンプル


12345



数字データの書き方サンプル


"98765"



文字データの書き方サンプル


"あいうえお"


×↓ ダブルクォーテーションを外すのは間違い。
あいうえお


○↓ 複数行でもOK。
"あいうえお
かきくけこ
さしすせそ"



数値データの配列の書き方サンプル

[10,20,30,40,50,60]



数値、数字、文字が混合したデータの配列の書き方サンプル

[100,"987","なにぬねの",200,"654","まみむめも"]



連想配列の書き方サンプル

{"みかん":"150円","ぶどう":"200円","すいか":"350円","もも":"400円"}



連想配列の連想配列の書き方サンプル

{
  "みかん":{
       "ねだん":"150円",
       "おもさ":120
   },
   "ぶどう":{
       "ねだん":"200円",
       "おもさ":180
   },
   "すいか":{
       "ねだん":"350円",
       "おもさ":300
   },
   "もも":{
       "ねだん":"400円",
       "おもさ":210
   }
}





その他の使用例

{
  "1":[ "下移動", "通常ショット" ],
   "7":[ "下移動" ],
   "8":[ "下移動" ],
   "11":[ "下移動", "方向転換" ],
   "15":[ "右向く" ],
   "23":[ "通常ショット" ],
   "28":[ "特殊ショット" ]
}



  • 最終更新:2013-10-20 18:09:10

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード