FontTrue

トゥルーフォント文字を表示する


動いている参考:
  #12 文字が動く作文用紙


[boot.lua]


--【改変】追加ここから。(2013-09-07 00:00 むずでょ)
F = {}; -- フォント
--【/改変】追加ここまで。(2013-09-07 00:00 むずでょ)


function boot_OnStart()
    
    -- 略
    

--【改変】追加ここから。(2013-10-11 00:00 むずでょ)
    -- フォントを読み込む
    F.font1    = createTextFont("MS UI Gothic", 32)
--【/改変】追加ここまで。(2013-10-11 00:00 むずでょ)
    
    
--【改変】追加ここから。(2013-10-11 00:00 むずでょ)
    -- 空っぽの画像を作成
    width = 400
    lineHeight = 32
    G.text1 = createBlankGraphic( width, lineHeight);
    
    
    -- 文字を画像に描き込み
    red   = 16
    green = 16
    blue  = 16
    alpha = 255
    dammy = drawTextToGraphic( G.text1, F.font1, 0,0, "あいうえお", red, green, blue, alpha, false)
    
    -- アクターを作成
    A.text1 = createActor( G.text1, width/2+100, 240, 11 );
--【/改変】追加ここまで。(2013-10-11 00:00 むずでょ)

   
    -- 略

end

function boot_OnClose()
    
    -- 略

   
--【改変】追加ここから。(2013-10-11 09:00 むずでょ)
    vanish(A.text1);
    deleteGraphic(G.text1);
--【/改変】追加ここまで。(2013-10-11 09:00 むずでょ)


end

   

※リファレンスによると、drawTextToGraphic関数は動作が遅いとの説明。

文字を画面中央に配置するには


┌────────────────────────────────────────┐
   F.font1 = createTextFont("MS UI Gothic", 32)
    local msg1 = "ボタン1を連打してください。"
    local msgWidth = getTextWidth( F.font1, msg1, false);
    G.text1 = createBlankGraphic( msgWidth, 32 );
    drawTextToGraphic( G.text1, F.font1, 0,0, msg1, 255, 255, 255, 255, false)
    A.text1 = createActor( G.text1, 320, 240, 11 );
└────────────────────────────────────────┘

  • 最終更新:2013-10-11 09:16:59

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード