AutoImage



画像切抜き、当たり判定設定の一元管理


1.紹介

AutoImage_4.png
Luaスクリプト側には auto_ImageAt( "プログラム場所ID" ) を1行書くだけになり、画像読取の設定はCSVファイルに出しました。
引数はテーブルのIDと対応。
オープンオフィスで一覧して編集するだけになります。



このライブラリを使うと、画像の切り取り、ファイルハンドル変数へのセット、当たり判定の設定をスプレッドシートで設定できます。




2.配布

ソースコードを配布しています。

   (auto_image.luaを見てください)


使い方説明

   (auto_image.luaの冒頭に書いてあります)


  • 最終更新:2013-06-20 05:27:04

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード